« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010/04/27

モモブトカミキリモドキ・モズのはやにえ他

今日の写真はは虫類、昆虫などです。

人によって受け付けない場合があります。ご注意を。

植物より、昆虫の方が見当を付けにくいので、推測をして、当たった時の喜びは癖になります。間違っていたら教えて下さいね。

Nihonntokage1

ニホントカゲ

2010.04.10群馬県で撮影)

よく似た仲間のカナヘビと比べると、お肌がつるつるした感じです。

Nihonntokage2

撮影に気付いて穴に隠れてしまいました。

Awadatisougunnbai

アワダチソウグンバイ

2010.04.13群馬県で撮影)

老眼とは思いたくありませんが、あまりに小さくて形がわからず、勘でクサカゲロウの幼虫かと思い調べてみましたが、わかりませんでした。マクロで撮影して大きくしてみると、グンバイムシの仲間かも?と思いました。グンバイムシ・食草キク科でググったらヒットしました。

北アメリカからやってきた外来種です。

私の写真はコンデジ撮影のため不鮮明ですが、他サイト様の写真はとっても綺麗でヘビメタなビジュアルです。興味がある方はググって見て下さい。

Tohositenntou

トホシテントウの幼虫

2010.04.17埼玉県で撮影)

アカホシテントウの幼虫だと思って撮りましたが、背中のトゲが枝分かれしていてちょっと違う。トホシテントウだと判明しました。

Momobutokamikirimodoki

モモブトカミキリモドキ

2010.04.24静岡県で撮影)

他人とは思えない股の太さ、すぐに調べが付くだろうと、カミキリムシハンドブックを総当たりしましたが該当無し。ダメ元で旺文社の学習図鑑昆虫を捲ったらこの名前が。写真は小さな標本なので確信が持てませんでしたが、ググってみると当たりでした。股が太いのはオスだけだそうです。

Hayanie

モズのはやにえ

2010.04.24静岡県で撮影)

獲物はセンチコガネの仲間ようです。

はやにえ=モズが虫や蛙などを捕って、餌として小枝などに突き刺しておくもの。

続きを読む "モモブトカミキリモドキ・モズのはやにえ他"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010/04/26

アミガサタケと猫の近況

昨日のお散歩で見つけたスミレです。

Higosumire

ヒゴスミレ

(肥後菫)

例年だったらとっくに見られないはずですが、わずかに咲き残っていてくれました。

Sumire

スミレ

(菫)

スミレという名前の野生スミレです。アスファルトの間から咲いているのを見ませんか?

Amigasatake3

アミガサタケ

(編み笠茸)

公園のような所で見ることが多いのですが、一番身近な公園で見つけられるとは思いませんでした。しかも日当たりの良い芝生の中で。

日本名はアミガサタケですが、フランスではモリーユという名前で親しまれているそうです。

スープに入れて美味しくいただきました。

Koguro

ツイッターでお話ししたベトベトが付いてしまった猫(我が家での名前はコグロ)です。

「撮さないで!」と鳴いています。

自分で毛までなめ取った脚に、やっとうっすら毛が生えてきました。

ベトベトが毒物でなくて良かったです。

2010.04.25群馬県で撮影)

続きを読む "アミガサタケと猫の近況"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/04/25

今年会ったスミレたち2

寒い日が続き過ぎて開花状態が読めませんでしたが何とか見ることが出来ました。

Nagabanosumiresaisinn

ナガバノスミレサイシン

長細い葉が特徴的です。

Akebonosumire1

アケボノスミレ

濃いピンク色が美しいスミレです。

Akebonosumire2

アケボノスミレ

こちらは巻いた葉が出ています。

Fumotosumire1

フモトスミレ

小さくて見逃してしまいそうなスミレです。

Fumotosumire2

フモトスミレ

花を見ればスミレとわかります。

Kisumire1

キスミレ

分布が限られているため、気合いを入れないと会いに行けません。

(2010.04.24静岡県で撮影)

Kisumire2

Kisumire3

続きを読む "今年会ったスミレたち2"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010/04/23

ヒメニラ(姫韮)

大写しをするとチューリップのようですが、花の大きさはマッチ棒の先くらい。毎年紹介したくなる好きな花の一つです。花が咲いていない時は、ニラに似た匂いで気付くことがある、ユリ科の植物です。

Himenira

2010.03.22埼玉県で撮影)

続きを読む "ヒメニラ(姫韮)"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/04/22

ヒキノカサ

今日の花はキンポウゲ科のヒキノカサです。

Hikinokasa1

蛙の傘と書いてヒキノカサ、蛙が差す傘にたとえた名前だそうです。生育地の環境破壊で、なかなか見られない花の1つになってしまいました。

Hikinokasa2

2010.0

4.17埼玉県で撮影)

続きを読む "ヒキノカサ"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010/04/21

カテンソウ

小さくて目立たないイラクサ科の植物です。

P10807421

草丈は写真のもので10㎝くらい。花は5㎜ほど。

P10807691

雄花。くるんと巻いている白い雄しべが開く時、花粉を2㎝ほど飛ばします。

2010.04.10群馬県で撮影)

続きを読む "カテンソウ"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/04/20

今年出会ったスミレたち

お待たせしました。今年出会ったスミレたちの写真です。

Aoisumire

アオイスミレ

2010.03.06埼玉県で撮影)

一番早くに咲き出すスミレです。柔らかそうな毛で覆われた葉と、開ききらない控えめな咲き方の花が特徴です。

Akanesumire

アカネスミレ

2010.04.10群馬県で撮影)

赤みが強い花を咲かせます。

Nioitatitubosumire

ニオイタチツボスミレ

2010.04.10群馬県で撮影)

タチツボスミレに似ていますが、花の青と白のメリハリがしっかりしています。タチツボスミレの仲間にしては珍しく、良い香りがするから、匂い立ち坪菫です。

Hinasumire2

ヒナスミレ

2010.04.10群馬県で撮影)

淡いピンクが愛らしい、ファンが多いスミレです。

Hinasumire1

ヒナスミレ

2010.04.10群馬県で撮影)

白っぽいヒナスミレもありました。

Kosumire

コスミレ

2010.04.10群馬県で撮影)

変異が多いのですが、花でわかります。

Eizannsumire

エイザンスミレ

2010.04.10群馬県で撮影)

葉が切れ込んでいるので見分けやすいスミレです。甘くて良い香りがするスミレです。

続きを読む "今年出会ったスミレたち"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/04/08

青い蝶

自然の中で青い色の物を見るとワクワクするのは何故でしょう。

青い鳥、カワセミ・オオルリ・コルリ・ルリビタキ……

青い花、ホタルカズラ・オオイヌノフグリの群落……

青い蝶、アオスジアゲハや緑シジミ類……

今日の写真は、ルリタテハとトラフシジミです。トラフシジミは羽化に失敗したのでしょうか、羽が綺麗に伸びきっていませんでした。

2010.04.06群馬県で撮影)

Ruritateha_3

Torafisizimi1_2

Torafusizimi2_2

Hayazakihyoutannboku_2

ハヤザキヒョウタンボク

も咲いていました。

続きを読む "青い蝶"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »