« シロキツネノサカズキ | トップページ | トリビアのエビフライ »

2010/03/28

まるでパワースポットのような佇まい

 車での移動中に「神の水」「たまご水」という看板を見つけ、たまご水って何?と、気になって、行ってみることにしました。

Tamagosui1「神の水」は駐車場から2~3分。渓流の傍の湧き水でした。鹿よけの網が至る所に張ってあります。そこから15分ほど、途中、標識が無く、道が心配になって近所の人に尋ねながらたどり着いた「たまご水」。渓流の脇にぽつりと存在する姿は、今流行りのパワースポットのよう。でもどこがたまご水?少し離れた所にある解説の看板を見ると、飲泉、沸かし湯として近所の人が使っていた硫黄分を含んだ湧水とのこと。硫黄分を含んだ湧水、確かに玉子の黄身のような匂い、群馬県民的には草津温泉のような匂いでしょうか。だからたまご水。パワースポットではなく、癒しの泉でした。

Hananekonome_2

近くに咲いていた「ハナネコノメ」。

Usugiourenn

今日のメインスター「ウスギオウレン」は氷付けになっていました。

探す途中、高い杉の枝から落ちてきた氷で、頭のてっぺんにたんこぶが出来るというハプニングが。

今日の写真は(2010.03.27埼玉県で撮影)

今日の喫茶店〔月の光〕はお休みさせていただきます

|

« シロキツネノサカズキ | トップページ | トリビアのエビフライ »

コメント

オウレンの仲間は白いものばかりかと思ってました。
ウスギオウレン…  黄色っぽいのもあるんですね_φ(.. )
素敵だわ~♪♪
またみけはちさんのウスギオウレンは色も濃くて、氷付けになっていて珍しいですね!

たまご水は飲めるんですよね?
硫黄分を含んだ水、味もあるんでしょうか?

投稿: | 2010/03/31 14:50

すみません、書き込み見逃していました。

私も初めて見たのですが、思っていたより色が濃くて見た気がする花でした。本当なら、一面に咲いていたのでしょうが、雪に埋もれていて、写真で撮したのは崖上になっていて雪が積もっていない所の物です。

たまご水は勇気が出なくて味見はしませんでした。

投稿: みけはち | 2010/04/03 23:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76837/47926818

この記事へのトラックバック一覧です: まるでパワースポットのような佇まい:

« シロキツネノサカズキ | トップページ | トリビアのエビフライ »