« 2010年1月 | トップページ | 2010年4月 »

2010/03/30

トリビアのエビフライ

Matubokkuri

 

以前トリビアの泉で紹介されていた

「リスが松ぼっくりを食べた後の食べかすはエビフライっぽくなる」のエビフライを見つけました。

Taiwannrisu

制作者はこちら「タイワンリス」さん。

可愛いのですが、地元の方には迷惑なのでしょうか。責任は連れてきた人間にあるのですけどねぇ。

Peraperayomena

群馬では見たことがない帰化植物

「ペラペラヨメナ」

Tutabaunnrann

「ツタバウンラン」

今日の写真は(2010.03.28神奈川県で撮影)

続きを読む "トリビアのエビフライ"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010/03/28

まるでパワースポットのような佇まい

 車での移動中に「神の水」「たまご水」という看板を見つけ、たまご水って何?と、気になって、行ってみることにしました。

Tamagosui1「神の水」は駐車場から2~3分。渓流の傍の湧き水でした。鹿よけの網が至る所に張ってあります。そこから15分ほど、途中、標識が無く、道が心配になって近所の人に尋ねながらたどり着いた「たまご水」。渓流の脇にぽつりと存在する姿は、今流行りのパワースポットのよう。でもどこがたまご水?少し離れた所にある解説の看板を見ると、飲泉、沸かし湯として近所の人が使っていた硫黄分を含んだ湧水とのこと。硫黄分を含んだ湧水、確かに玉子の黄身のような匂い、群馬県民的には草津温泉のような匂いでしょうか。だからたまご水。パワースポットではなく、癒しの泉でした。

Hananekonome_2

近くに咲いていた「ハナネコノメ」。

Usugiourenn

今日のメインスター「ウスギオウレン」は氷付けになっていました。

探す途中、高い杉の枝から落ちてきた氷で、頭のてっぺんにたんこぶが出来るというハプニングが。

今日の写真は(2010.03.27埼玉県で撮影)

続きを読む "まるでパワースポットのような佇まい"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/03/18

シロキツネノサカズキ

Sirokitunenosakazuki1

シロキツネノサカズキと聞いて何だかわかる方は、かなりのキノコ好き。

春の森にはこんなキノコが生えます。1㎝に満たない小さな杯は、狐と言うよりハツカネズミ用?

Sirokitunenosakazuki2

杯が開く前はウニかおまんじゅうのよう。

Seribaourenn1

セリバオウレンがひっそりと咲く静かな森での出会いでした。

今日の写真は2010.03.14群馬県で撮影。

続きを読む "シロキツネノサカズキ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/03/13

柳の下に猫が居るだから~

Nekoyanagi

 今日の写真は「ネコヤナギ」の雄花です。ネコヤナギというと、猫のような柔らかい銀色の毛で覆われた花芽を思い浮かべますが、赤い葯、葯がはじけて出た黄色い花粉。咲くとこんなに色鮮やかなのですね。レンズを通したことで改めて認識しました。

Hebikuiwasi1

 ついでにもう一つ。埼玉の公園で出会った「ヘビクイワシ」。嘴は鷲ですが、身体は鶴のよう。この長い足で蛇を踏みつけて食べちゃいます。

Hebikuiwasi2

 巣材をくわえてうろうろしていました。なんて可愛いのでしょう!

 この二つは何つながりでしょう?

 私の中では往年のギャグアニメソングとギャグマンガなのですが、わかるかなぁ。

わかった人は同年代。天才バカボンとマカロニほうれん荘、トシちゃん25歳でした。私はきんどーさんの年を越えてしまいました。

続きを読む "柳の下に猫が居るだから~"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/03/12

ツイッター(twitter)始めてみました

 流行に乗ってツイッターを始めてみました。

相互フォローが100人を超えると楽しくなってくるそうですが、そこまで行けるでしょうか?そこまで増やして読み切れるのでしょうか?フォローとは緩い感じの相互リンクやマイミクのようなもののようです。

面白いのは、自分がフォローした人のつぶやきが、自分のスペースに表示されていくことです。興味のある有名人のつぶやきをリアルタイムで見ることが出来、そのつぶやきに反応した人のつぶやきも見られます。自分が反応することも出来ます。

ツイッターに興味を持たれた方は、このブログの左側、〔月の光〕リンクの下のtwitter(ツイッター)を御覧下さい。私のつぶやきのスペースを見ることが出来ますよ(使い方が解っていないことがよくわかりますが)。登録すると、自分のスペースを持て、ここに自分がフォローした人たちのつぶやきもどんどん流れていきます。

左側のフォロー中のアイコンをクリックすると、私が読ませていただいている人たちのつぶやきを見ることが出来ます。38万人を超えるフォロワーがいる鳩山由紀夫総理大臣のツイッターも見られますよ。

  説明するって難しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/09

イヌノフグリ

Inunofuguri1

小さなピンク色の花を咲かせる日本原産の植物です。外来のオオイヌノフグリなどに居場所を奪われて、なかなか出会えない花になってしまいました。

2010.02.27群馬県で撮影)

Ooinunofuguri1

イヌノフグリよりずっと大きな青い花を咲かせるオオイヌノフグリは、ユーラシア・アフリカ原産の外来種です。

2010.03.06埼玉県で撮影)

Inunofuguri2

イヌノフグリ(犬の陰嚢)という名前はこの実の形から付けられました。

花の名前としては可哀想ですが、実の形を見ると納得ですね。

2010.02.27群馬県で撮影)

Ooinunofuguri2

オオイヌノフグリの実です。こっちの命名が先だったら、こんな可哀想な名前は付けられなかったかも?

2010.03.06埼玉県で撮影)

Furasabasou1最後は同じ仲間のフラサバソウです。全体に毛深い外来種です。

2010.03.06群馬県で撮影)

それでは、喫茶店〔月の光〕へどうぞ

続きを読む "イヌノフグリ"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010/03/05

ザゼンソウ

Zazennsou1

座禅僧のようだから座禅草。

NHKのニュースで地元の自生地が映ったので、込んでいるだろうと思ったら予想通りでした。

Zazennsou2

緑色のものもあります。

Zazennsou3

こんな風に群生しています。(2010.02.28群馬県で撮影)

それでは、喫茶店〔月の光〕へどうぞ

続きを読む "ザゼンソウ"

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2010/03/01

春の妖精

Setubunnsou1

セツブンソウ。この花が咲き出すと、花の季節到来。私たち花見人にとっては、待ちに待った花の開花です。他の木々や草花が目覚める前に咲いて、他の木々や草花が目覚めた頃には、実を結んで眠りについてしまう、スプリング・エフェメラルと呼ばれる植物の一つです。

Setubunnsou2

植物観察の大先輩に連れて行っていただいた群生地は、おとぎ話に出てくるような静かな所でした。雨に濡れてうつむく姿は、儚げで風情がありますね。

2010.02.27埼玉県で撮影)

それでは、喫茶店〔月の光〕へどうぞ

続きを読む "春の妖精"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年4月 »