« 2009年8月 | トップページ | 2009年11月 »

2009/10/20

宇宙系の子供たち(注・昆虫です)

 お久しぶりです。
 再開するのに勇気がいるほど間を開けてしまいました。

 更新しなくてはと思いながら、やる気になれないまま、ずるずると2ヶ月過ぎてしまいました。家族の事情で、それどころじゃない感がずっと心を覆っていて、自然観察が心の底から楽しめなくなり、ブログを書けなくなりました。自然とふれあうことがストレス解消なのだと、気持ちを切り替えなければいけないことは解っていますから……大丈夫です。

 今日からまた、撮りためた写真を少しずつ紹介していきますね。

Bekkouhagoromo2

ベッコウハゴロモの幼虫(2009.07.26群馬県で撮影)
タンポポの綿毛のような、おしりのふわふわが可愛いですね。

Bekkouhagoromo1
ベッコウハゴロモ(2009.07.26群馬県で撮影)
近くにいた成虫です。大人になっても目元が同じです。

Sirosyatihoko

シロシャチホコの幼虫(2009.08.15群馬県で撮影)
登山道で必死に歩いていました。イモムシとは思えない足の長さ。おしり部分の2本の足も???って感じの不思議な姿です。
一度見てみたかった幼虫なのに、しばらく正体が解りませんでした。ネット検索していて見たいと思ったのは、威嚇して木の枝に止まっている姿だったのです。見てみたい方は検索してみて下さい。名前にシャチホコが付いている理由が解りますよ。

Agahamodoki3

アゲハモドキの幼虫(2009.09.21群馬県で撮影)
写真を撮った時にはアゲハモドキの幼虫だと解らず、食草のミズキから検索をかけて、たどり着きました。

Agehamadoki2

アゲハモドキ(2009.08.015群馬県で撮影)
アゲハモドキガ科の蛾の仲間です。毒を持つジャコウアゲハに擬態しているそうです。

続きを読む "宇宙系の子供たち(注・昆虫です)"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年11月 »