« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009/07/22

部分日食

群馬県前橋市「大渡橋」から観察しました。ほんの数分間雲が薄くなり、数回に分けて日食グラスを使っての観察が出来ました。 

Nissyoku1

写真は、グラスを通しては見えなかった太陽をデジカメで撮ってコントラストを調整したものです。

P10301811 こちらの風景は、11時10分頃の県庁とグリーンドームです。少し夕焼けのようになり、風も涼しく感じました。 

Togehigetorakamikiri ここから後ろは6月30日群馬県内、前回ハリガネムシ(?)の動画と同じ場所で出会った昆虫たちです。

トゲヒゲトラカミキリ

(カミキリムシ科カミキリ亜科)

小さいですが模様が特徴的なので同定できました。

Yotumonnkamemusi ヨツモンカメムシ

(クヌギカメムシ科)

背中の4つの紋が目印です。

Aokamenokohamusi アオカメノコハムシ

(ハムシ科)

ジンガサハムシ好きとしては見逃せない形です。

Gomadaraotosibumi ゴマダラオトシブミ

(オトシブミ亜科)

文一総合出版「オトシブミハンドブック」の表紙を飾るグラビアアイドル(?)です。

Midorikamikiri ミドリカミキリ

(カミキリ亜科)

メタリックカラーが美しいカミキリムシです。

Hasamitunokamemusi ハサミツノカメムシ

(ツノカメムシ科)

こんな姿のカメムシもいるのですね。なんか、メカっぽくって格好良くないですか。

Oomonnkikasumikame オオモンキカスミカメ

(カスミカメムシ科)

名前の同定が不確かかも知れません。

Nihonnkamosika ニホンカモシカ

長野県の別荘地で遭遇。

カモシカは見た!って感じでこちらをずっと見ていました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/07/03

動く蔓(つる)?

今日の題名「 動く蔓(つる)?」です。(2009.06.30群馬県で撮影)初めて動画を投稿してみました。ハリガネムシでしょうか?調べるために動画を見まくりましたが、同じ色のものにたどり着きませんでした。ハリガネムシだとしたら、珍しくグロくない動画です。

 日曜日、4年ぶりに山梨県某山に行ったところ、あるはずの花が無く、アヤメの群落だった所の草丈は短く、まるで牧草地のようになっていました。盗掘とシカの食害によるもののようです。あまりのショックに、昆虫の写真ばかり撮ってしまいました。なので、今回と次回は今年出会った植物以外の写真を紹介したいと思います。

Madaraasizoumusi_3 マダラアシゾウムシ
(2009.05.24群馬県で撮影)
カメラを向けられたことで固まってしまっています。この後、ころんと落ちて、得意の死んだふりを見せてくれました。

Sesuzinagakamemusi_3 セスジナガカメムシ
(2009.05.28長野県で撮影)
今年はカメムシの魅力にはまりそうです。

Ezoyotume_3 エゾヨツメ
(2009.05.31群馬県で撮影)
大好きなヤママユガの仲間です。青い紋が美しいと思うのは変ですか?

Unnmonntenntou_3 ウンモンテントウ
(2009.06.21群馬県で撮影)
模様が美しいテントウムシです。

Zinngasahamusi_3 ジンガサハムシ
(2009.06.21群馬県で撮影)
なぜこんな形をしているのでしょう?透明な部分がお洒落ですね。

Tanigutikobuyahazukamikiri_3 タニグチコブヤハズカミキリ
(2009.06.27山梨県で撮影)
地域限定のコブヤハズカミキリです。

Sirafuhigenagakamikiri_3 シラフヒゲナガカミキリ
(2009.06.27山梨県で撮影)
地味ですが名前を同定できました。

Yotubosihiratasidemusi_3 ヨツボシヒラタシデムシ
(2009.06.28山梨県で撮影)
羽の下から長い腹がはみ出ているところがシデムシっぽいですが、見た気がする派手さがあります。

Himowatakaigaramusinorannnou_3 ヒモワタカイガラムシの卵嚢
(2009.06.28山梨県で撮影)
パンツのゴム紐のような見た目。卵嚢なので卵が入っているのです。
子供の頃見てみたかったカイガラムシを初めて見ました。

Kurotenngusukeba_3 クロテングスケバ
(2009.06.28山梨県で撮影)
鼻が長く見えるから天狗。

Kamenokotenntou_3 カメノコテントウ
(2009.06.28山梨県で撮影)
出会うと嬉しい大型のテントウムシです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »