« スミレの季節 | トップページ | レッドクリフPartⅡ観に行ってきました »

2009/04/15

劉備くんとスミレの写真

 レッドクリフPartⅡ公開記念ってことで、また三国志ネタです。
 Yahoo!で紹介されていて、見に行ったらはまってしまいました。
 曹洪の三国志の「三国志漫画劉備くん」
 なんか、懐かしい匂いがするんですよねぇ。小学生の頃、授業中に先生の目を盗んで描いた4コマ漫画を楽しみに見せてもらっているような感じが。
 はちゃめちゃなギャグと設定なのに、不思議といやな感じがしないのです。もちろん三国志演義の通りにお話は進みます。
 関羽Love!な私は曹操とライバル?なんて思えてしまいます。

 今日の写真もスミレです。

Midoritatitubosumire
ミドリタチツボスミレ
(2009.04.11埼玉県で撮影)
タチツボスミレの先祖返りと言われています。
一つ見つけると、周りに何株も見つかることが多いのです。

Midoritatitugosumire2

Hikagesumire

ヒカゲスミレ
(2009.04.11埼玉県で撮影)
葉の表面が焦げ茶色のヒカゲスミレをタカオスミレと言います。
写真のスミレも少し葉が茶色がかっていますね。

Akebonosumire

アケボノスミレ
(2009.04.11埼玉県で撮影)
花が咲く時期は、写真のように葉が丸まっている事が多いです。

Hinasumire

ヒナスミレ
(2009.04.12群馬県で撮影)
優しいピンク色をしたスミレです。

Sumire

スミレ
ただの「スミレ」という名前を持つスミレ。
近所の公園では、こんな色変わりのスミレが咲きます。
(2009.04.15群馬県で撮影)

それでは、喫茶店〔月の光〕へどうぞ

          秘密

「ジル、俺が話すよ」
 ジルに任せたら事実をストレートに伝えるだろう。
(大丈夫ですか。――彼女は恋人と別れたようです。そして、あなたを見るた
びに、彼と交わした会話が見えます)
 ジルは幾つかの淑子の記憶を送ってきた。
 !?
 稲作は1度だけ彼女の恋人と会ったことがある。
 (同一人物ですね)
 ジルの問いかけに頷く。彼女のことを調べる気はなかったが、疑いは真実に
なった。あれは殺人未遂だったのだ。
 迷う事はなくなった。彼女には少しだけ傷付いてもらおう。
 「誰にだって、触れてもらいたくないことの1つや2つあるだろう?あいつ
と別れたんだってな」
 彼女の傍に歩み寄りながら言う。
「何の事?」
「あんたがやったことは全部知っている。俺の仕事を知っているだろ?」
と、脅迫者のように耳元で囁いた。
 冗談としか思われていないが、稲作の事務所件住居には「広木稲作探偵事務
所」という、立派すぎる看板が掛かっている。
「妙も知っているの?」
「何も話してねぇよ。が、あの娘は勘が鋭いから、何かを感じてあんたから放
れたのかもな。そして、俺たちを頼ってきてくれた。……しばらく好きにさせ
てやってくれねぇか?」

このエピソードの始まりはこちらから

*過去の経緯は本編の「みちくさ―月に還る―」をご覧下さい。

|

« スミレの季節 | トップページ | レッドクリフPartⅡ観に行ってきました »

コメント

Outstanding quest there. What occurred after?

投稿: Isabella | 2014/01/22 14:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76837/44677387

この記事へのトラックバック一覧です: 劉備くんとスミレの写真:

« スミレの季節 | トップページ | レッドクリフPartⅡ観に行ってきました »