« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008/07/27

アラフォー世代

around 40、この言葉が今年の流行語大賞に選ばれるかどうかはわかりませんが、同世代の私にとっては気になる言葉です。バブル全盛期、ディスコ、ボディコン、海外旅行、親父ギャルなどなど、私が若かった頃のテレビの向こう側の女性達は、現在どのように過ごしているのか、と。
そう、それはテレビの向こう側の話。普通の容姿で地味に生きていた一般女子の私には、アッシー君やメッシー君はいなかったし、流行に乗ったワンレングスだって、3年B組!!にしか見えなかったかも(それはお前だけだという突っ込みOK)。
それでも、高い就職率という時代の恩恵を受けさせたもらいました。勤めていた会社の民事再生法の適用、なんていうバブル崩壊も経験させてもらいましたが、こうしてお気楽に生きている所が、アラフォー世代なのかな。
昨日ドラマ「ROOKIES」の最終回を見ました。平均年齢は何歳なんだろう、あの格好で試合に出られるのか、という突っ込みどころ満載の暑苦しいほどの青春ドラマでした。嫌いじゃないですねぇ、懐かしくて。昔はああいう青春ドラマ、よくあったんです。中村雅俊先生なんかの。でも、一番心を惹かれたのは、登場人物の名字でした。阿仁屋、御子柴、若菜、湯舟、新庄、川藤……プロ野球が熱かった時代を思い出させてくれませんか。

Noibara2

今日の写真はピンクの野ばらです。
ノイバラは白色が多いのですが、たまにピンクがかった花を咲かせるものがあります。レア物を見付けたような嬉しさがあります。

Karafutoibara1

次の写真はカラフトイバラ。北海道と長野県、群馬県の一部で見る事が出来ます。
(2008.07.06長野県で撮影)

それでは、喫茶店〔月の光〕へどうぞ

続きを読む "アラフォー世代"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/07/15

うり坊

Uribou1 県内、某高原の駐車場。先客の足下にゴソゴソ動く茶色い影。
犬の散歩かと思ったら、野生のうり坊だと聞いてびっくり。人を恐れることなく、イノシシらしくブヒブヒと地面に鼻先を突っ込んでエサを探していました。そんなに痩せているように見えなかったから、親とはぐれたばかりだったのか、親は人が恐くて遠くで見守っていたのか。用を済ませて駐車場に戻った時はいなくなっていました。お母さんが迎えにきてくれたのなら良いですね。

Uribou2_2 

初めて見た野生のイノシシがうり坊だなんてラッキーでした。
これで、本州の大型野生動物ウオッチングは制覇です。
あとは、北海道のヒグマ……会いたくないですねぇ。
(2008.07.14群馬県で撮影)

それでは、喫茶店〔月の光〕へどうぞ

続きを読む "うり坊"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008/07/07

深い森の妖精ニョロニョロ

今日は七夕なのに雨模様で残念ですね。

Himenuyourann ヒメムヨウラン(ラン科サカネラン属)
目立たない色と大きさから見逃してしまうかも知れません。針葉樹林内に生える葉緑素を持たない腐生植物です。

Sakanerann1 サカネラン(ラン科サカネラン属)
ニョロニョロキングが現れた!!と、思うぐらいの大きさにビックリ。
図鑑で受けた印象と実物との違いに驚かされました。食べ終わったとうもろこしの芯を、立てた位の大きさでしょうか。

Oomuzuao3_2最後は、空色の羽根、ミンクのコートをまとったようなふわふわそうな胸元、ゴージャスな櫛形の飾り(触覚)、シックなエンジ色の肩飾りと脚。Oomizuao2
森の貴婦人(!?)、オオミズアオです。
おいでよどうぶつの森で、今の季節、夜の木に止まっているヤママユガの仲間です。似ていますか? 
今日の写真は(2008.06.21,22長野県で撮影)

それでは、喫茶店〔月の光〕へどうぞ

続きを読む "深い森の妖精ニョロニョロ"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »