« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008/04/25

新潟の花たち

 4月19日、新潟県に行って来ました。
 雪解け直後の新潟は群馬県では見られない花たちがいっぱいでした。
Kosinokobaimo_2
コシノコバイモ
カイコバイモよりも大きな花です。
Azumasiroganesou_2
アズマシロガネソウ
シックな柄が素敵じゃないですか?この旅で一番のお気に入りになりました。
Oobakisumire_2
オオバキスミレ
一面に咲く黄色いスミレは春そのものです。
Anamasumire_2
アナマスミレ
海岸に適応した葉が厚いスミレです。
Isosumire2_3
イソスミレ
花が大きく、華やかな印象のスミレです。


それでは、喫茶店〔月の光〕へどうぞ

続きを読む "新潟の花たち"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/04/19

ど根性スミレ

Himesumire
Ariakesumire
Sumire
Hinasumire
Eizannsumire
 何年か前に流行りましたねぇ。アスファルトの隙間に生えた、ど根性大根、その他、ど根性な植物たち。
 スミレでど根性といえば、このヒメスミレでしょう。こういう場所で見る事が多いのです。興味がない人には、咲いている事にも気が付かないかも知れない、花も草丈も小さいスミレです。
 今日の写真は、散歩コースで毎年チェックしている、ヒメスミレ・アリアケスミレ・スミレと、県内の里山で出会ったヒナスミレとエイザンスミレです。

それでは、喫茶店〔月の光〕へどうぞ

続きを読む "ど根性スミレ"

| | コメント (22) | トラックバック (0)

2008/04/11

幻想三国志

Sirokitunenosakazuki1
 にはまっています。
 って何だ?という方へ。
 三国志の世界に幻想水滸伝の登場人物が迷い込んでしまう、ニコニコ動画の「幻想三国志」です。コーエーのシミュレーションゲーム「三國志9」とコナミのロールプレイングゲーム「幻想水滸伝」を元に作られたオリジナルストーリーで、両作品の登場人物が、あのキャラならああいう行動をとるに違いない、いや、とらないんじゃないかな、と想像をしながら見られる人にお勧めの紙芝居風動画です。
 この動画で、馬超と呂布が好きになりました。

 三国志は英雄豪傑が活躍する三国演義。
 幻想水滸伝は水滸伝ではなく、グッドエンディングを見るために108人の仲間を集める、ドラゴンも出るし魔法も使うファンタジー。これ、10年ほど前のゲームですが当時ずいぶんやり込みました。大好きだった傭兵コンビが出ているのも嬉しい。現在はPSPで遊べるそうです。

 今日の写真は「シロキツネノサカズキ」(2008.03.30新潟県で撮影)
 こういう変で美しいものに出会えるから、自然観察は止められません。
 ベニチャワンタケ科の小さなキノコです。狐の杯なんて、素敵な名前をもらいましたね。

Sanngokusi
 今日2枚目の写真は「人形劇三国志」(2008.04.10群馬県で撮影)
 今日の表題にちなんで。
 チョコエッグファンには定評がある海洋堂のフィギュアです。3~4年前にコンビニで見付けて飛びつきました。315円、ライチ味一口ゼリーのおまけの食頑です。どっちがおまけだ、と突っ込まないように。
 関羽雲長(右) 諸葛亮孔明(左) 曹操孟徳(後)
 この3体を手に入れたくて、コンビニで見付けるたびに購入しました。今回撮影のために組み立ててみましたが、着物の模様から持ち物まで、大変美しい出来に改めて驚きました。

 人形劇三国志は1982~84年NHKで放映されました。
 切っ掛けは、好きな俳優さんが登場人物の声優をするから見てみようというものでしたが、見始めたら人形達の美しさに魅了されてしまいました。

それでは、喫茶店〔月の光〕へどうぞ

続きを読む "幻想三国志"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/04/05

花の山

Oomisumisou
 日曜日、新潟県の角田山に行ってきました。
 県内各地から乗り合わせて30人、登山の後は日帰り温泉、寺泊の角上で海産物のお土産タイムがある、初めてのツアー参加でした。
 標高は481メートルと低い山ですが、海岸0メートルから登るため、坂の上り下りが私にはきつく、まだ筋肉痛が残っています。花好きには有名な山なので、登山者の多さにも驚きました。
【見られた花】オオミスミソウ・カタクリ・オウレン・エンレイソウ・コシノチャルメルソウ・コシノカンアオイ・スミレサイシン・ナガハシスミレ・キクザキイチゲ・ショウジョウバカマ・トキワイカリソウ・ヤマネコノメソウ・キジムシロ・オクチョウジザクラ・アブラチャン・ヒメアオキ・ヤブツバキ・マルバマンサク・ナニワズ 

 そうそう、前回の羽根の落とし主はカケスでした。翼の一部にあの綺麗な模様の羽根があります。
 
 今日の写真は「オオミスミソウ」(2008.03.30新潟県で撮影)
 雪割草の名前で親しまれている早春の花です。
 ご当地本にはこう書かれています。
‘最近、角田山系で盗掘があり、よい花色は少なくなった’
 白い花が多かったのは、そのせいだったのでしょうか。悲しい事ですね。

Naniwazu
 今日2枚目の写真は「ナニワズ」(2008.03.30新潟県で撮影)
 黄色いチンチョウゲみたいな花です。甘酸っぱいのではなく、甘い香りがしました。

それでは、喫茶店〔月の光〕へどうぞ

続きを読む "花の山"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »