« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008/03/29

赤いマフラーか吹き荒ぶ風か

 先日、昭和のアニメソングのテレビを見て、懐かしかったと話しているうちに、この歌の話になりました。
♪吹き荒ぶ風が よく似合う
 タレントさん達は合唱していました。が、知っているような知らないような……。
 自分たちの世代はこっちだから、とPさん。
♪赤いマフラー なびかせて
 確かにこっちの方が知っているし、しっくりくる。
 でも、思い浮かぶ彼らの姿は赤いスーツに黄色いマフラー。赤いマフラーじゃない。

 昨日NHKBSを見てわかりました。
 赤いマフラーは、最初の映画とTVシリーズ(1966~68)で、吹き荒ぶ風は(1979~80)だったのです。1964年生まれの私は、リアルタイムで見るには最初の作品は早すぎで、2期目の作品は歳をとっていたのですね。再放送も漫画も見なかったのかなぁ。
 番組で流された最初の映画とTVシリーズの1作品をPさんは覚えていたそうです(さすが昔は男の子)。2期目の作品も1作品放送され、女性ファンが多い事にも納得(内容がメロドラマ風でした)。
 石ノ森章太郎さんがライフワークとして描いていた作品、読んでみたくなりました。
 肝心な題名を書いていませんでした。サイボーグ009です。
 今夜は仮面ライダーやってます。 

Azumahikigaeru
 今日の写真は「アズマヒキガエル」(2008.03.29群馬県で撮影)

キャンプ場入り口でお出迎え。
あまりの大きさに置物かと思いました。
夫婦仲が良いのはいいんですが(^^;) 
Sihaisunire
 「シハイスミレ」(2008.03.29群馬県で撮影)

小さなスミレですが、綺麗なピンク色です。

Nannnnohanedsyou
 「誰の落とし物でしょう?」(2008.03.29群馬県で撮影)

拾うと嬉しい綺麗な宝物。答えは次回で。

それでは、喫茶店〔月の光〕へどうぞ

続きを読む "赤いマフラーか吹き荒ぶ風か"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/03/19

春が来た

Katakuri
 3月16日。埼玉県のカタクリ自生地に行って来ました。
 カタクリはまだ蕾。見に来ている人はほとんどいませんでした。
 でも、足下をよく見ると、目立たない小さな花たちが咲き始めています。

Aoisumire
 一番早く咲き始める菫、アオイスミレ。

Senntousou
 オウレンダマシとも呼ばれる小さなセリの仲間セントウソウ。

Kibananoamana
 黄色い花を咲かせるキバナノアマナ。

Himenira
 マッチ棒大のチューリップみたいなヒメニラ。幅広の葉は、ちゃんとニラの匂いがします。

Yamanekonomesou
 実が猫の目に似ているヤマネコノメソウ。

Amana
 小さなチューリップのようなアマナ(これは同じ埼玉県内の別の公園で撮影)。

 紹介した花の他に、アズマイチゲ、ニリンソウ、マルバコンロンソウ、カキドオシも咲き始めていました。セツブンソウは終わりかけでした。
 花の咲き始めが、去年より1週間くらい遅れているようです。

それでは、喫茶店〔月の光〕へどうぞ

続きを読む "春が来た"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2008/03/14

雪景色

Yukigesiki
Sunosyu
 日曜日に会津裏磐梯に行ってきました。
 目的は、役10年に一度の周期で多く観察される赤い鳥ベニヒワに会うためだったのですが、残念ながら会えませんでした。
 初めてスノーシューを履きました。足を開いて歩かなくてはならないのが大変ですが、柔らかい雪の上でも忍者みたいに歩ける事が新鮮でした。雪が積もらない所に住んでいる私たちは、一面の雪景色に大喜び。ついはしゃいで歩き回った翌日は全身筋肉痛でした。

 今日の写真は「雪景色&スノーシュー」(2008.03.09福島県で撮影)

それでは、喫茶店〔月の光〕へどうぞ

続きを読む "雪景色"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/03/04

節分草に思うこと

Setubunnsou
 セツブンソウに会いに行ってきました。
 ロープで簡単に遊歩道を分けてあるだけの自然度が高い自生地です。
 先客でマイクロバスで撮影に来た中高年の一団がいました。周りを気にせずに遊歩道に寝そべって動かない事も、長い間立ち止まっていた訳ではないのに写り込むからどけと声を荒げる事も、お年寄りだからしょうがない、もう少し気持ちにゆとりを持って撮せばいいのに、と思う事が出来ます。
 ですが、綺麗に咲いている花の傍に行って写真を撮りたいために、ロープ内に入り込む事だけは止めて下さい。まだ花は咲き始めで、あなたの足の下では、数日後に咲くはずだった花たちが踏みにじられている事をわかって下さい。
 このままでは、自生地がまた1つ無くなってしまいます。
 どうにもいたたまれなくなって、鑑賞もそこそこに、その場所を後にしました。
 花のためにはしなければいけなかったのですが、人生の大先輩方に対して注意をする事が、どうしても出来ませんでした。
 ドラマ(漫画)の「斉藤さん」のように行動するのは難しいことですね。

 悲しい事ですが、稀少植物の自生地は、監視されて入場料がかかるくらいの方がいいのです。せめて、このブログを見てくれた人にはわかっていただきたく、書いてみました。


 今日の写真は「セツブンソウ」(2008.03.02栃木県で撮影)
 草や枯れ葉から、やっと顔を出している小さな花です。木々が起き出す頃には、来年に向けて眠りに入るスプリング・エフェメラルです。

それでは、喫茶店〔月の光〕へどうぞ

続きを読む "節分草に思うこと"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »