« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007/10/27

自虐の詩

Sennburi1
 映画「自虐の詩」が今日から公開になります。

 3月28日のブログでこんな風に書いていました。
『「自虐の詩」を読みました。週刊宝石に連載されていた4コママンガの文庫版です。
 なぜか?ずいぶん前にNHKのBSマンガ夜話という番組で、この作品について熱く語っていて、ぜひ読んでみたいと探し回ったことがあったからです。置かれているコーナーもわからず、古本屋でも見つからなかったので、そのままになってしまっていたのが、たまたま書店に並んでいました。
 働かなくてギャンブラーで飲んだくれで、すぐにお膳をひっくり返すダンナに、そこまでしなくても、というくらいに献身的に尽くす幸江さんの物語。
 書店に並んでいた理由は、映画化されるらしく、出演は阿部寛さんと中谷美紀さんだそうです。読みながら映画のキャストとダブって仕方ありませんでした。どんな映画になるのでしょうね。
 上下巻のうち、上巻だけ買ったのですが、下巻も読みたくなってしまいました。最後は幸江さんに幸せが訪れるのでしょうか。』

 下巻は、幸江さんの少女時代の思い出を中心に進んでいきます。
 子供の頃も貧乏で、ひとりぼっちだった幸江さんにも友達が出来ます。彼女より厳しい状況に置かれているのに弱みを見せない熊本さんを、作中では「孤高の人」と称しています。この熊本さんがとても素敵なのですが、幸江さんは彼女を酷い形で裏切ってしまうのです。
 母になる幸江さんに、20年ぶりに熊本さんから連絡が……。
 映画でこのシーンまで描かれているのでしょうか。描かれていたら感動のラストになることでしょう。
 マンガの最後はこんな言葉で結ばれています。
 「人生には 明らかに意味がある」


 今日の写真は「センブリ」(2007.10.20東京都で撮影)
 晩秋に咲く、小さく清楚な花です。
 昔から胃健薬として使われていました。紅茶のティーバッグのように布袋に入れて、千回振り出しても苦いことから千振りというそうです。
 葉をちょっとかじってみても苦いですよ。

それでは、喫茶店〔月の光〕へどうぞ
      ↓をクリック

続きを読む "自虐の詩"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/10/19

不気味系2種

Noutake1
 今日の写真は「ノウタケ」(2007.06.26群馬県で撮影)
 これは近所の古墳で出会ったノウタケです。見たまんまの名前ですね。大きさは握り拳ぐらい。若いうちは食べられるそうです。

Kutibenitake1
 今日の写真は「クチベニタケ」(2007.10.08群馬県で撮影)
 1カ所が口紅を付けたように赤くなっています。時期が来ると、口の部分から胞子を飛ばします。

それでは、喫茶店〔月の光〕へどうぞ
      ↓をクリック

続きを読む "不気味系2種"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007/10/16

お知らせ

 これからは日記と写真解説が表面になります。
 喫茶店〔月の光〕は‘Continue reading’以降にしてみました。
 小説に興味がない方への配慮……っていうか、カスタム機能を使ってみたかっただけだったりして(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みぃちゃんの現在

Mii1
 毎日必ず見に行ってしまうブログがあります。
 「はっちゃん日記」と「女番社長レナ」両方とも猫好きの方には定番のサイトですよね。
 はっちゃんは成猫なのにとっても可愛くて、おかんさんが書き込むコメントに癒されます。
 レナ社長はわがまま放題、これぞ猫そのもの!目元が他人とは思えない(実家のみけにそっくり)な所が好きなのです。
 
 今日の写真は「みぃちゃん」(2003.04.22群馬県で撮影)
 mixiの表紙にしている写真です。写真に釣られて(?)訪問して下さる方も多い、彼女にとって奇跡的な1枚です。

Mii2
 今日2枚目の写真も「みぃちゃん」(2007.10.09群馬県で撮影)
 今のみぃちゃんです。

それでは、喫茶店〔月の光〕へどうぞ
      ↓をクリック

続きを読む "みぃちゃんの現在"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/10/10

稲作の宗教観

Tumagurohyoumonn1
「ダンナは神様なんて信じてねえんでしょうねぇ」
「そうだよね、自分しか信じないタイプかも」
 好き勝手なことをいう半次と妙ちゃん。
「そうともかぎらねぇぜ。俺は天に神様がいるなんて思っちゃいねぇが、信じる人間が多いってことは、何かがあるんだろうって事は認めてる」
「何ですかい?そりゃ」
「あの、おねえがクリスチャンなんだから」
「昌子姉さんが?」
「不思議だろ」
 人には思いがけない一面があるものだ。
「へぇ。……ボクも教会に行ってみようかな」
 友達の誘いにのった所をみると、今の妙ちゃんの心は、信仰に頼りたい状態なのかも知れない。
「宗教もいいが、飲み込まれちまわねぇように気を付けろよ。俺たち一般庶民は、神や仏にゃ、困った時に頼るくれぇがちょうど良いんだから」
 ちょっと違うような気がするが……。

【つぶやき】
 今日の写真は「セイタカアワダチソウとツマグロヒョウモン」(2007.10.08群馬県で撮影)
セイタカアワダチソウは北アメリカ原産の、花の少ない今の季節の貴重な蜜源植物です。
止まっているツマグロヒョウモンは西の蝶で、群馬では見ることが出来ませんでした。今年は我が家のタチツボスミレで幼虫を見ました。段々、温かい所でしか見られなかった虫たちが、群馬でも見られるようになってきました。身近に感じる地球温暖化です。

Tamashigi1
 今日2枚目の写真は「タマシギの父子」(2007.10.08群馬県で撮影・写真提供Pさん)
今年は昨日になって初めて見ることが出来ました。もう、来なくなってしまったのかと心配していたのです。
毎年タマシギの話を書いてきましたから、覚えている方も多いと思いますが、タマシギはオスが子育てをします。このお父さんも、冷たい水に足を浸けながらエサを食べるヒナたちを、寒くなると岸に呼び寄せ、羽根の下に入れて温めてあげていました。
観察記録はこちらをどうぞ。 

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007/10/05

危険度の違い

Oonannbanngiseru1
「友達だと?どの程度の友達だ」
「高校2年の時の同級生。東京に出て来てるから会おうよって言われて――」
 妙は北海道の出身。
「会いに行ったのか。ずっと音信不通だったのに?」
「うん」
「そりゃぁ、いけませんねぇ、妙ちゃん」
 半次も会話に加わってきた。
「?」
「妖しい勧誘の何者でもねぇな」
「何か売りつけられたりしやせんでしたか?」
「この紙渡されただけだよ。また会ってねって」
「行くのか?」
「約束しちゃったし……」

「あれぇ、こういうアンケート、僕も答えたことあるよ」
 と、妙が注文したマロンパイとミルクティーを運んできたマスターの絹さん。
「何年ぶりかで、友達から電話が掛かってきてね――」
「絹さん、道ばたで外国人に声掛けられたり、駅であなたのために祈らせて下さい、とか言われたことはありやせんか?」
 面白そうに、質問する半次。
「ただで本を渡されたこともあるよ、読んでないけど」
「やっぱりな。あんたはそういう顔をしてるからな。俺なんか声掛けられたことねぇぜ」
 今度は稲作。
「僕、悩みがあるように見えるのかなぁ」
「そいつは、ちょっと違うんじゃねぇかと」
 と、半次。
「なになに?」
 続きが聞きたい妙ちゃん。
「絹さんにだったら、ちょっと声掛けてみて、信者になってくれなくても、自分たちの身に危険はおよびやせんが、旦那だったら、虫の居所が悪かったら殴るかも」
「うん、そういうオーラが出てる出てる」
「失礼なことを言うな。虫の居所じゃねぇ、場合によっては、だ」
 ね、という風に、半次は、妙ちゃんと絹さんに目配せをした。

【つぶやき】
 今頃になって言うのも変ですが、インターネットって便利ですね。
 実家から初めて見る野菜をもらいました。母も南国の野菜だと説明されてもらった物で、茹でて食べるようにとのことでした。
 長さ15~20センチで、切ると4角形、角にヒラヒラが着いた実野菜でした。知っている人はこれだけでなんだかわかるのでしょうが、私には何の仲間なのかも見当が付きません。
 「南 野菜」で検索しても、「南 果菜」「南 豆」で検索してもわかりません。次は「豆 フリル」で、「うりずん豆」という名前が出てきましたが、サイトが閉鎖されていました。もう一度「うりずん豆」で検索を掛けて、正体が解りました。
 四角豆(うりずん豆)と呼ばれる熱帯アジア原産のマメ科の植物。沖縄での生産が中心と書かれていました。最近は東京のスーパーでも売られているそうです。名前がわかって食べたうりずん豆は、独特の香りと苦みがある野菜でした。
 インターネットって本当に便利ですね。
 
Oonannbanngiseru2
 今日の写真は「オオナンバンギセル」(2007.08.25山梨県で撮影)
 前回紹介したナンバンギセルと比べると大形で、花びらに細かいフリルがあります。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007/10/03

秋の香り

Nannbanngiseru4
「いらっしゃいませ、妙ちゃん」
 涼しくなった外の空気と一緒に入って来た妙ちゃん。ほのかな甘い香りも一緒に連れてきた。
「もう金木犀が咲き始めたんだね」
「そういえば良い匂いがしていた。すっかり秋だね、食欲の。新メニューのマロンパイとミルクティーがいいな」
「はい、ありがとうございます」

「妙、昼飯は?」
 と、いつもの席から声を掛けた稲作。隣に半次。二人はケチャップたっぷりの特製ナポリタンを食べている。
「さっきダブルバーガー食べたから、デザート食べに来たんだもん。……今日はカレーじゃないんだ」
「半次が食いたいって言うから作ってもらったんだ。うめえだろ?」
「へぇ」
 強制的に言わされている半次。

 妙ちゃんは、二人と一緒に座らずに、隣のテーブルに着いて紙を広げた。
「どした?」
「汚されると困るから」
 確かに、稲作の食べ方はケチャップを飛ばすかも知れない。
「珍しく勉強か……なんだ?こりゃ」
「友達に誘われたんだけど、今まで考えたこと無かったから、迷っちゃうんだ」

 あなたは神の存在を信じますか?
 それは、出だしだけはキリスト教みたいだけれど、色々な宗教の良い所どりのような、いかにも妖しげな内容だった。

【つぶやき】
 今日の写真は「ナンバンギセル」(2007.10.02群馬県で撮影)
 スーパーで一目惚れして買ってしまいました。寄生相手の細い葉は屋久島薄です。
 県内で野生状態のものを見たくて、色々な場所を探しましたが、見つからず、2005年の東京でした。

Kesigai1
 今日2番目の写真は「ケシガイ」(2007.09.26群馬県で撮影)
 芥子の実のように小さいからケシ貝です。一緒に写っているのは、大きさの比較のために置いた爪楊枝です。

 皆さんは、この小さなカタツムリに気付いたことがありますか。
 小学校の低学年の時、庭で遊んでいて殻だけを見付けたことがあります。手持ちの図鑑には載っていなくて、キセルガイの生まれたてだと思っていました。庭で成長したキセルガイを見たことがなかったのが、ずっと引っ掛かっていて、後にケシガイの存在を知りましたが、見付ける機会がありませんでした。
 今回、買ってきたナンバンギセルの鉢の中で見付けました。
 ケシガイにはニホンケシガイやスジケシガイなどの種類があるそうですが、私には見分けが付けられません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »