« チョビとハナコ | トップページ | ワインセラー »

2007/08/30

薔薇屋敷

Renngesyouma1
 やっぱりここか。
 稲作は、古い洋館の前に立っていた。手に持っているのは、住所をメモした紙切れ。
『TAKAKURA』古びた煉瓦造りの門に、まだ新しい表札が取り付けられている。
 曲がり角から、この洋館が目に入った時、嫌な予感がしたのだ。
 こういう建物で育った者は、こういう場所に安らぎを感じるのだろうか。庭の雰囲気が違うのは、前オーナーの趣味か。初夏の咲き残りなのか、秋の咲き始めなのか、たくさんの薔薇の木が、1,2輪ずつ花を付けている。見たことがあるような草も茫々と茂っている。
 閑静な住宅街に建っている古びた洋館は、東京都心とは思えないほど静な緑に包まれている。

「あんたらしい住まいだな」
 内装は、彼女の店ほど煌びやかではない。これも前オーナーの趣味か。
「素敵でしょ」
 ハーブティーを出しながら、この館の新しい主、クラブ〔Madam☆Rose〕のマダム麗華、こと、高倉京介は言った。どう見ても、年齢不詳の美しい女性にしか見えない。
 店の常連だった帰国するイギリス人から、格安で買い取ったのだそうだ。格安といっても、その日暮らしに近い稲作なんかには考えられない値段なのだろう。
「不味い……けど、懐かしい。庭に茂ってたやつか」
 見たことがある草だと思った。
「レモンバームのお茶よ。飲んだことがあるの?」
「智紘(ちひろ)んちで」
「そう……。ここだったら、光(ひかる)が帰りやすそうだし。智紘も来てくれるかしら」
 麗華は死者を呼び寄せる気なのか。
「変な儀式にでもはまってんじゃねぇだろうな」
 妖しい占い師みたいな風貌の彼女が、妖しい魔術に凝っていると言っても驚きはしない。
「もう、冗談も通じないんだから。……ジルちゃんが気に入ってくれたからよ」

【つぶやき】
今年もシギ・チドリの観察を始めています。内陸の休耕田には珍しいキリアイが1羽見られました。ネットで調べてみると、今年はキリアイがたくさん渡ってきているようで、各地で見られているようです。

 今日の写真は「レンゲショウマ」(2007.08.22群馬県で撮影)
山の中で、蓮の花を吊したような花を咲かせます。

Kakasi1
 今日2枚目の写真は「案山子?」(2007.08.30群馬県で撮影)
稲穂が出始めるとあちこちに立てられます。が、黄昏時などは、スズメより人の方が驚かされます。 

|

« チョビとハナコ | トップページ | ワインセラー »

コメント

I dugg some of you post as I cerebrated they were extremely helpful invaluable.

投稿: Violet | 2014/01/24 00:21

You have a good blog and I liked this post. I will be looking forward to your future posts. Keep up the good work.

投稿: Hailey | 2014/02/22 05:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76837/16287032

この記事へのトラックバック一覧です: 薔薇屋敷:

« チョビとハナコ | トップページ | ワインセラー »