« 今年の生け贄 | トップページ | お袋の味 »

2007/04/28

散歩

Higosumire2
「和哉さん、お料理が出来るまでお散歩でもしません?」
「それはいい。いっていらっしゃい」

 〔月の光〕の連中に送り出されて、麗華と二人で歩いている。
「あなた、あのお店が好きなのね」
「――」
「どんなお客でも同じに接してくれるでしょう?あなたでも、私でも」
 あの、得体の知れない外国人でもだ。あの店に出入りする連中は、どうしてああも無防備でいられるのだろう。
「あのマスターは俺が智紘の友達だったと勘違いしている。友達の友達は友達だと思っているらしい」
「今は立派な常連客でしょ」
 無性にあの店のコーヒーが飲みたくなることがある。
「あの歳まで良く無事で生きてこられたものだ」
「私たちとは住む世界が違うのよ。だから、あそこに行くと気持ちが休まるのよねぇ」
「フン」
「うふっ、あなた、お父様にそっくりね」
「知っているのか?」
「昔、お世話になったの」
「!?」
「心配しないで、あなたが思うような関係じゃないわ。可愛いのね、坊や」
「!!」
「やっぱり広木は見る目があるんだわ」

*僕らの関係は‘登場人物紹介’、稲作とジルの出会いは‘間違われた男’、僕らとジル の出会いは‘誘蛾灯’、ブログでのお話は‘日々のエピソード’をご覧下さい。左フレームの‘〔月の光〕リンク’からも行けます。


 今日の写真は「ヒゴスミレ」(2007.04.21長野県で撮影)
 葉の切れ込みが深く細いスミレです。
 たくさん咲いていたからでしょうか、普通は鼻を近付けないと香りを楽しめないのですが、写真を撮しているだけで芳香が漂ってきました。

|

« 今年の生け贄 | トップページ | お袋の味 »

コメント

Awesome blog post.Really thank you! Keep writing.

投稿: Camila | 2014/01/23 06:03

You really make it seem so easy with your presentation but I find this topic to be really something that I think I would never understand. It seems too complicated and very broad for me. I’m looking forward for your next post, I will try to get the hang of it!

投稿: Amelia | 2014/02/22 22:42

Very excellent information can be found on website.

投稿: Lauren | 2014/03/18 10:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76837/14878602

この記事へのトラックバック一覧です: 散歩:

« 今年の生け贄 | トップページ | お袋の味 »