« カラオケボックス | トップページ | 秘密の花園 »

2007/03/31

いもうと

Hananekonome7
「聞いてよ、絹さん。もう、ビックリしちゃった」
 和哉さんと出かけたはずの妙ちゃんは、麗華さんと二人で帰ってきた。
 ここは喫茶店〔月の光〕。
「どうしたの?」
「稲作ったら、俺は音痴で昔っからジャイアンって呼ばれてたって言うから、謙遜して言ってるのかと思ったらジャイアンなんてもんじゃなかったんだ」
「ほんとに大きな声だったわねぇ。加減て言うものがきかないのかしら、あの子」
「比べるなんてジャイアンに悪いよね」
 母娘のようにうち解けている二人。
「僕は聞いたことがないんです、彼の歌声」
「それは幸せだよ、鼓膜が破れるかと思った」
「今度歌ってもらおうかなぁ。ところで麗華さん、今日はどうして?」
「広木に誘われたのよ。お店はジルちゃんに頼んだから大丈夫」
「そうでしたか。稲さんと和哉さんは?」
 稲作はジルを和哉に近づけたくないから、彼女に頼んだのだろう。
「男同士で話したい事もあるのでしょう」
 と、麗華。
「まさか、喧嘩なんかしてないよね」
 コーヒーを飲みながら真面目な顔をして言う妙ちゃん。彼女を巡って喧嘩をする稲作と和哉……想像出来ない。


「妙の事、どう思ってるんだ?」
「どうとは?」
「食事に誘ったりして」
「2年続けて手作りのケーキをもらったからだ」
「お返しが大きすぎる。変に期待されたらどうするんだ」
「?」
「あいつは思い込んだら一途だ。泣かせるような真似をしたら許さないぜ、お前でも」
「そんな風に思われてるのか?」
 和哉は困った表情をした。
「どうかな」
「……妹」
「?」
「ってあんな感じなのか?俺は一人っ子だから兄妹というものがわからない」
「俺だって弟しかいねぇ。……そうだな、妹ってああいうものなのかも知れない」


 今日の写真は「ハナネコノメ」(2007.03.30群馬県で撮影)
 今年は色々なところで出会いました。綺麗な沢の水が掛かるような岩場に小さな花を咲かせています。赤い葯(おしべ)が可愛いのです。

|

« カラオケボックス | トップページ | 秘密の花園 »

コメント

Well I sincerely liked reading it. This post provided by you is very helpful for proper planning.

投稿: Sydney | 2014/06/24 07:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76837/14465277

この記事へのトラックバック一覧です: いもうと:

« カラオケボックス | トップページ | 秘密の花園 »