« 共有する夢 | トップページ | 白と黒 »

2006/07/23

夏の計画

Imgp21631
 ジルが稲作の背中に手を掛け、歩みを促した。
 ボクを置いて行かないで!
 振り返ってよ!
 二人の背中が闇に紛れて消えたところで、妙は目が覚めた。
 怖い夢じゃないのに。
 嫌な夢だった……。

「ねえ、いいじゃない。連れてってよ」
「んが?冗談じゃねぇ。水着なんかどっかいっちまったし」
「新しいの買えばいいじゃない」
「そんな暇ねぇし」
 お昼時の喫茶店〔月の光〕。
 相変わらずウスターソースをかけた大盛りのカレーライスを頬張る稲作に、妙ちゃんがおねだりをしている。 
「丁度いいところに来てたな、半次、お前が連れてってやれ」
「え~」
「久しぶりに登場させてもらったと思ったら、何でそうなるんで?ダンナ」
 半次、こと広瀬欧彦はジルの友達(=しもべ)だ。ジルや俺の意向に逆らうことは絶対にしない、安全な妙のお守りだろう。彼が正業に就いて妙を幸せに出来るのなら、安全じゃなくなっても構わないが。
「海なんて、ずいぶん行ってないな。たまにはいいんじゃない?」
 と、マスターの絹さん。
「何でわざわざそんな遠くに行かなきゃなんねぇんだ。赤城か榛名に涼みに行く方がずっといい」
「ダンナ、まさか泳げないんじゃ?」
「んな訳ねぇだろ」
「ですよねぇ。ダンナ運動神経良さそうだもの」
「妙ちゃん、計画立てちゃえばきっとダンナも来るっていいますよ。絹さんも乗りますよね」
「車出すよ」
 と、絹さん。
「ね」
「俺はずっと仕事だ。午後は田んぼの草刈りを頼まれてる」
「今日行こうっていうんじゃないんですから」
 この夏は、泊まり掛けは駄目なのだ。

 話が長くなってしまったので、今回のお話「ネット依頼」を日々のエピソードに入れました。よかったらご覧になってみて下さい。

 
今、『群馬昆虫の森』のライブカメラが熱いです。
 樹液の出る木に24時間カメラが設置されていて、集まる虫たちを観察することが出来ます。
 さっき(夕方5時過ぎ)に見ていたら、オスのカブトムシ2匹とメス1匹、カナブンがいました。一組のカップルが出来、うらやましそうに傍観する小柄なオス。そこに大きいオスが飛んできてカップルのオスを振り落とし彼女を横取り。用が済んだ大きなオスは他のオスやカップルだったメスまでも振り落とし、エサ場を独り占めしています(ジャイアンだな、こいつ)。
 今日の私のように運が良いと、こんな様子が観察出来ますよ。

 今日の写真は「ニコウキスゲ」(2006.07.22群馬県で撮影)
 図鑑にはゼンテイカ(禅庭花)という名前で載っていますが、別名のニッコウキスゲ(日光黄菅)の方が有名です。

Imgp21461_1
 今日2枚目の写真は「体格差」(2006.07.21群馬県で撮影)
 ‘みみげ’と‘でか’です。性格と共に、体格の違いもはっきりしてきました。

|

« 共有する夢 | トップページ | 白と黒 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76837/11070194

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の計画 :

« 共有する夢 | トップページ | 白と黒 »