« 新しい仲間 | トップページ | 空っ風と共に »

2006/01/24

新しい仲間Ⅱ

pict0093111
「ちわーす」
 やって来たのは稲作と妙ちゃん。
「いらっしゃいませ」
「稲作、妙ちゃん、お待ちしていました」
 奥の席からジルが声を掛け、半次と一緒にやって来た。
「妙ちゃん、この人は私の新しい友だちです」
「ニックネームを?」
 半次君は妙ちゃんを意識して言った。
「もちろんです」
 冷たく言い放つジル。
 半次ってニックネームだったのか。どうも時代がかった名前だと思った。
「半次ッス。本名は広瀬欧彦」
「判事?広瀬さん判事さんなんですか?」
「妙、そういうことは顔をよく見てから言え。そんなに利口そうに見えるか?」
 半次の顔をまじまじと見た妙ちゃんは、頬を赤くして言った。
「ハンサムだよ、稲作より」
「悪かったな。こいつはジルの友だちだから、俺たちと関わることもあると思う」
「稲作、何かその言い方冷たくない?」
「そうッスよ、ダンナ」
「誰がダンナだ。……足は洗ったんだろうな」
「はい!しばらくはフリーターを。必要な時は広木探偵事務所の技術指導をさせてもらいます」
「技術指導だと?」
「世の中にはプロじゃないとわからないこともあるんですよ、ダ・ン・ナ」
「へーえ、何かわかんないけど面白い。よろしくね、半次さん」
「ニックネームッスから呼び捨てでけっこうです。妙さん」
「じゃ半次、ボクのことも妙さんじゃなくて、みんなと同じ妙ちゃんって呼んで」
「はい、妙ちゃん」
 この二人、似合いの二人なのかも知れない。稲作とよりは……。


 昨日からライブドアのニュース一色ですね。
 あまりに話が大きすぎて、現実味なくニュースを見ています。

 今日の写真は「ニオイタチツボスミレ」(2005.05.22群馬県で撮影)
 匂立坪菫と書きます。このスミレの一番の特徴はその名の通り、芳香です。甘くない上品な香りがします。これも公園などで見られますから、見つけたら香りを楽しんでみて下さい。
 タチツボスミレより花色が濃く、紫と白のメリハリがハッキリしています。

【登場人物紹介】はこちらへ

|

« 新しい仲間 | トップページ | 空っ風と共に »

コメント

It’s funny that you should post this as I have been in the progress of looking for data on this discussion. Thanks for the data on the subject.

投稿: Harper | 2014/01/23 02:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76837/8315383

この記事へのトラックバック一覧です: 新しい仲間Ⅱ:

« 新しい仲間 | トップページ | 空っ風と共に »