« 達人技 | トップページ | 等身大!? »

2005/12/01

美しい鷹

inunofuguri1
「お花見楽しかった?」
「まあな。弁当は美味かったし、風も吹かなかった」
「一緒に行けば良かったな。ねぇ、絹さん」
「そうだね」
 ここは〔月の光〕。マスターの絹さん、俺の助手だと言って聞かない妙がいる。
「仕事だったんだ」
「仮面ライダーショーやったんでしょ?子供達が大喜びだったって言ってたよ」
「そうだぜ。付いて来てたらショッカーその2だ」
「やあねぇ、ショッカーに連れ去られそうになる美女の役に決まってるじゃない。絹さんは、脅されて悪の道に走るマッドサイエンティストね」
「何だ?そりゃ」

「お待たせしました。……ジルちゃんまだ帰ってこないの?」
 一人の夕飯は寂しいからここにしている。洋食しかないけれど仕方ない。
 今日は辛いスパゲティー、ペペロンチーノの大盛り。
「ああ」
「麗華さんの家の方が居心地が良くなっちゃったんじゃない?」
「かもな」
 あれから2週間。俺の部屋で眠っているジルは起きる気配がない。


 今日は渡良瀬遊水池。
 夕暮れ間近になると、バードウォッチャーは鷹見台に集まってきます。
 鷹見台は渡良瀬川にかかる新赤麻橋を渡ったところの広場で、第2調節池全体を見渡すことができるため、望遠レンズが付いたカメラを構えてシャッターチャンスを待っているアマチュア野鳥写真家が多いのです。
 11/27の鷹見台はバードウォッチャーの他に、上空に大きな扇風機みたいなものを背負って飛んでいる人たちや、もっと高い上空、ヘリコプターから落下傘で降りてくる人たちで賑やかで、肝心の鷹が飛ぶ気配がありません。
 しばらくいて諦めて、コンビニでデザートとコーヒーを買ってもう一度、別の場所に行ってみました。広大な芦原の中で日が暮れ始めるまで車の中でささやかなティータイムを過ごしました。興味のない人には酔狂なこととうつるでしょうね。
 もうすぐ出るよ。という常連さんの言葉に励まされて待っていると、この日のメインスターが颯爽と現れました。
 V字形の飛型、全身明るいグレーで翼の先だけ黒い見間違いようのない美しい鷹、ハイイロチュウヒです。

 今日の写真は「イヌノフグリ」(2005.2.27栃木県で撮影)
 犬の陰嚢と書きます。春、日当たりが良い野原で出会う空色のオオイヌノフグリは外来種で、このイヌノフグリは元々日本にあった種類です。花の色はピンク色で、大きさはオオイヌノフグリの花びらより小さいくらい。咲いていても、気合いを入れて探さないと見つけられないかも知れません。
 名前の由来は、一緒に写っている実の形からの連想です。

【登場人物(人物以外も)を少しずつ紹介します】
喫茶店〔月の光〕……どこかにあるかも知れない
          大きな川の畔に建つログハウス風の喫茶店。
          僕らをもっと知りたい方はHPをご覧下さい。

|

« 達人技 | トップページ | 等身大!? »

コメント

I enjoy gathering useful info, this post has got me even more info!

投稿: Caroline | 2014/01/22 06:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76837/7413930

この記事へのトラックバック一覧です: 美しい鷹:

« 達人技 | トップページ | 等身大!? »