« 順位 | トップページ | 最後の恋 »

2005/11/15

チョビの恋

pc18000111
 ケーキを平らげミルクを飲み終えたチョビは、ハナコに突進した。
 驚いたハナコは逃げ惑う。
 チョビは、止めに入った稲作を押し倒して抱き付いた。チョビは80㎏近くある。俺より重いのだ。そのうえ、もの凄い馬鹿力だ。
「止めろ!チョビ!みっともねぇじゃねぇか!俺、お前みたいな性格してねぇぞ!――止せ!ワ~ッ!!」 
 今まで見合いが成立しなかった理由がわかった。いつもこれで失敗しているのだろう。
「チョビ!!」
 ジルの一声で、シュンとなって尻尾を巻くチョビ。さすがは狼さえも僕(しもべ)にするだけのことはある。同席してもらって良かった。
「チョビ、慌ててはいけません。女の子には優しく接しなければいけません」
「助かった。レイプされるかと思ったぜ」
「油断するからです。心がチョビを見ていなかったのでしょう」
 見抜かれた。ハナコの飼い主の有紀に気を取られていたのだ。
「稲作」
 ジルは小さな声で囁いた。
 内緒話か?
 ジルの口元に耳を近付けると、ぺろりと頬を舐められた。
「おい、止せ」
 キスされたみたいに見えるじゃないか。
「有紀さんは、ハナコを追って行きました。後で絹さんに絆創膏をもらって下さい」
 引っかかれて滲んだ血を舐めたのだ。何て目敏い。他を要求しない所を見ると傷は1カ所だ。
「ご馳走様でした」
 ジルは言い残して、ハナコと有紀の後を追った。
 この日のお見合いは中断。たぶん破談だ。

 翌朝。
 悄気てとぼとぼ歩くチョビを連れて、散歩していると携帯が鳴った。
 有紀からの電話は、「また会って下さい」というものだった。
 ジルが二人を説得したのだろう。彼の魅力で。
 

 今日、紀宮様が結婚されました。素敵なカップルですね。穏やかで暖かい家庭を築かれることでしょう。
 僕は、お二人に感謝しているのです。ニュースで流れる映像に、黒田さんがフィールドスコープ(望遠鏡のような)を持ち、紀宮様が双眼鏡を下げている姿が映ります。宮様は、皇居のカワセミを研究されていて、山階鳥類研究所に勤められていました。
 紅白歌合戦で紅白の数を数える印象が強いバードウォッチングを、少し違うイメージにしていただけたように思うのです。

 今日の写真は「ヒラタケ」(2004.12.18群馬県で撮影)
 野生の物は、こんなに大きくなります。野生といっても、これは家の庭の切り株に生えていた物。去年は食べる勇気がありませんでした。今年は切り株がボロボロになっていて、もう生えてきそうにありません。
 ちょっと前まで「しめじ」の名前で売られていましたが、今は、「ぶなしめじ」に立場を追われてしまって、あまりスーパーで見られなくなってしまいましたね。たしかに、形はブナシメジの方が絵になりますね。ヒラタケには、ブナシメジにない歯ごたえや香りなど、美味しさがあると思います。
 昨日久しぶりに売っていたのでお吸い物にしてみました。こんな香りだったかしら、と違いを思い出しました。
 このヒラタケ、西欧ではオイスターマッシュルームと呼ばれて親しまれているそうです。

【登場人物(人物以外も)を少しずつ紹介します】
ジル……自称22歳、本当は1300歳の吸血鬼。
    金髪碧眼で、見た人の理想の姿に見える。
    仲間にする約束を、稲作と交わしている。

|

« 順位 | トップページ | 最後の恋 »

コメント

コメントありがとうございました。

ヒラタケは子供の頃からなじんできた味です。
最近四国の人はきのこをあまり知らないと聞き驚いています。

またよろしくお願い致します。

投稿: 湖南 | 2005/11/16 06:02

いらっしゃいませ、湖南さん。

そうなのですか。
きのこや山菜は全国的なブームかと思っていました。
こちらこそよろしくお願いします。

投稿: | 2005/11/16 15:06

Thanks for the auspicious writeup. It in fact was once a entertainment account it. Glance complicated to far brought agreeable from you! However, how could we keep in touch?

投稿: Chloe | 2014/01/22 17:43

I like your website substance very much,can I on my website reprint your article?

投稿: beijing escort | 2014/01/27 18:19

-Wore Louis Vuitton outlet throughout environments {and|as well as|and also|along with|in additi

投稿: Louis Vuitton outlet | 2014/02/14 01:31

Following several happy several months jointly which would not your website singular unpleasant text verbal around us all, the guy abruptly broken up with a particular evening without warning. This kind of arrived a couple subsequent to sharing with me personally he or she had to become with me at night always and forever. It's truly that particular virtually all agonizing connection with gaming, due to the fact I'd relied on your man over I might ever before trustworthy anybody.

http://www.monroussillon.ca

投稿: andomkmw | 2014/02/14 17:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76837/7123134

この記事へのトラックバック一覧です: チョビの恋:

« 順位 | トップページ | 最後の恋 »